昨今、違法スロットの摘発がよくニュースとして取り上げられています。

別の言い方として、闇スロ、あるいは裏スロなどとも言われています。違法スロットの大きな特徴は、まず、高額なレートにあります。



普通のパチスロでは、1枚20円の換金率となっていますが、違法スロットの店では、レートが倍以上となって、中には、1枚100円という高率の店もあります。

客の側にしてみれば、通常のパチスロをするよりも、もし当たればリターンが大きいという算段があります。店のほうにとっては、利益が跳ね上がりますので、莫大な収益を上げているところもあります。



さらに、違法スロットの店に設置してあるマシーンは、いまは使われていない機種が大半です。合法的なパチスロ店に置かれている機種は、法律の規制にのっとった5号機と呼ばれるものですが、違法な店には4号機と言われる古い機種が並んでいます。

4号機はギャンブル性が高いとして禁止になり撤去されて、法律に従った機種に変更になりました。

裏スロに関する話題が豊富です。

ちなみに、違法スロットの利益は暴力団の資金源になっている事例が多く、利用者は、結果的には反社会的行為を助長する行為に加担していることになります。

パチスロが好きであっても、法治国家の国民として、法律に違反する行為は行うべきではありません。なお、遊びとして4号機を楽しみたいときは、ゲームセンターに置かれていることが多いのですので、そちらで遊ぶことには何ら問題はありません。